泡立てネットがなぜ洗顔する時に必要なのか?

泡立てネットは洗顔に必要のメイン画像


まず結論から言わせていただくと、泡立てネットは必要です!ニキビケアの洗顔には特に欠かせないものです。

なぜ泡立てネットが洗顔をするときに必要なのかと言うと、洗顔料をそのまま手のひらに出して泡立て、顔を擦るように洗顔をすると、皮膚の表面が傷つくのと同時に、本来肌に必要な皮脂まで洗い流してしまうのです。

肌の表面が傷ついたり、必要以上に皮脂が洗い流されてしまうと、雑菌が肌の中に入りやすくなってしまったり、肌を守ろうとして皮脂が過剰に分泌されて、再びニキビの原因になってしまうことがあるのです。

ニキビケアのために洗顔をしている場合は、指でニキビを触ったりしてしまうと、さらに悪化してしまうことも考えられるので注意が必要です。

そういった理由から、洗顔をするときには洗顔料を泡立てネットを使って十分に泡立てて、顔を擦るのではなく泡で顔を包み込むようにして洗顔をする必要があるのです。そのため洗顔をするときに泡立てネットは必要なのです。

泡立てネットは何のために使うのか?

泡立てネットは名前の通り、洗顔料を泡立てつために使用するのですが、なぜ洗顔料を十分に泡立てることが必要なのかと言うと、ニキビ対策のための洗顔には、顔を手で擦るのではなく、泡で優しくマッサージをしてあげる洗顔方法が大切なのです。

そうすることで、出来てしまっているニキビへの刺激も抑えて、必要な皮脂は残しつつ、余分な皮脂を洗い流すだけの洗顔が可能になり、ニキビ改善へつながるのです。

なのでニキビ対策のために最適な洗顔方法は、泡立てネットで十分に洗顔料を泡立てて、顔を擦るのではなく泡立てネットで十分に泡立てた泡で、肌を包み込むようにマッサージをしてあげることが重要なのです。

泡立てネットはどんな物を選べば良いのか?

泡立てネットおススメは?の画像

泡立てネットにもいろいろな種類があるのですが、最近では洗顔料にも泡立てネットが付属しているものも多いです。ただ、洗顔料を買った時に付属している泡立てネットは、あくまでも付属品なので、あまりおススメできる泡立てネットだとは言えません。

例えば、洗顔石鹸などに付属している泡立てネットだと、石鹸の大きさにピッタリなサイズの物が多かったりするのですが、洗顔石鹸にピッタリとしたサイズの泡立てネットだと、石鹸とネットが密着していて、思っていたよりも泡立たなかった…なんてことも多いのです。

なので、泡立てネットは洗顔料に付属している物よりも、ドラッグストアなどで販売されている、やや大きめでネットの目が細かい物を使用するのが良いです。泡立てネットを変えるだけでも泡立ち方が全然違います。値段はほとんどの物が100円台で購入できます。

泡立てネットの使い方は?

泡立てネットの正しい使い方のようなものは特にないのですが、ただ1点注意することがあります。それは泡立てネットをあまり水で濡らしすぎないようにすることです。泡立てネットを濡らしすぎると、泡に弾力性が無くなってしまうので、泡立てネットを使用する前は、ネットを振って水を切ってから使用するようにしましょう。そうすることで、弾力のある泡を作る事ができます。

泡立てネットがニキビケアの洗顔に必要なことはご理解いただけましたでしょうか?ほんのちょっとしたことなのですが、泡立てネットを使用するだけで、洗顔料の泡立ちは全然違うのです。顔を擦らずに泡でマッサージをすることがニキビケアのための洗顔には大切なのです。

風呂場に置きっぱなしで良いの?

泡立てネットの保管方法

泡立てネットはどのように保管しておけば良いのでしょうか?
ほとんどの方は夜、お風呂場で洗顔をされると思うのですが、その時に泡立てネットを使用して、風呂場に置きっぱなしにしてしまうのはやめた方が良いです。泡立てネットが濡れたままの状態で置いておくと、カビが発生してしまったりしてしまうので、使用後は良く水を切ったあとで、風呂場から外に出して乾かしておきましょう。洗顔料を泡立てて、そのまま泡を直接肌につけるので、泡立てネットも清潔な状態を保っておくことが大切です。



このページの先頭へ