敏感肌の方のための洗顔料選び

敏感肌でも安心して使える洗顔料の画像

ニキビ対策のために洗顔料を試してみたいけれど、敏感肌だから肌がヒリヒリしたり、赤くなったりしないか心配…という方が実は結構多いのです。

この記事を書いている私も、自分の肌に合った洗顔料に出会うまでに、敏感肌で悩んでいた時期がありました。

自分が敏感肌だということは分かっていたのですが、顔にいっぱいニキビが出来てしまい、敏感肌よりもニキビの方が気になったので、いろいろな市販のメンズ洗顔料を試していました。

けど、やっぱり市販のメンズ洗顔料を使ってみると、洗顔をしている途中で肌がヒリヒリしてきたり、洗顔が終わって風呂から出てしばらくすると、肌が赤くなっていたりすることもありました。ひどい時は、頬だけじゃなくて首のあたりまで1日中赤くなってしまっているなんて日も。

なので、今使っている洗顔料に出会うまでは、実は結構苦労しているんです(笑

そういったことを乗り越えて、今はそれなりにニキビもキレイになって、敏感肌もあまり気にならなくなってきています。

ニキビ対策をしたいけれど敏感肌が気になって・・・

という悩みを持っている方におススメな敏感肌の方でも安心して使うことができる洗顔料を今回は紹介してみます。

敏感肌の人にとって理想的な洗顔料って?

ヒリヒリ赤くならない洗顔料が理想の画像

敏感肌の方にとって理想的な洗顔料って一体どういった洗顔料なのでしょうか?

・ヒリヒリしない洗顔料

・肌が荒れて赤くならない洗顔料

敏感肌の方からすれば、当たり前のことなのですがこの2つのことを叶えてくれる洗顔料が理想的なのです。

ただ、私も洗顔料をいくつか試していたのですが、この2つのことをクリアしてくれる洗顔料って市販の洗顔料だとなかなか無いのです。

あったとしても、洗浄能力が弱くて肌に優しい洗顔石鹸とかになってしまうので、どうしても皮脂の分泌の多い男性の場合、洗浄能力が弱い洗顔石鹸だと皮脂のテカリや毛穴に詰まった汚れなどがキレイに洗い流すことができず、ニキビの原因となってしまう事があるのです。

なので、敏感肌でニキビにも悩んでいる方に理想的な洗顔料は、

肌がヒリヒリしたり、赤くなったりせずに程よく洗浄能力もある洗顔料

コレが理想的な洗顔料なのです。

そもそも、なぜ敏感肌の人がよくある市販の洗顔料を使うと、肌がヒリヒリしたり赤くなってしましまうのかというと・・・

敏感肌の方の肌の状態は、簡単にいうとアレルギーと似た症状が起こってしまっていたり、肌が乾燥状態になってしまっているからなのです。敏感肌は遺伝的なものも確かにあるのですが、ある時から急に敏感肌になってしまうということも十分にあり得るのです。

敏感肌になってしまう原因としては、本来なら外的な刺激から守ってくれるはずの肌の機能があまり機能していないために、肌の状態が不安定になってしまっているのです。

なので、市販されいている洗顔料の多くに入っている人工的な洗浄成分などが肌に触れてしまうと、ヒリヒリしたり赤くなってしまったりと、一種のアレルギー反応のようになってしまうのです。

私の敏感肌が酷かった時は、シャンプーやリンスもダメで、髪は肌に触れるとかぶれてしまったかのように、肌が赤くなってしまったり、かゆくなってしまっていた時期もありました。

敏感肌の方にとって、肌を刺激しすぎない洗顔料を使うことって、とても大切な事なのです。

敏感肌の人におススメの洗顔料は?

敏感肌におススメの洗顔料の画像

まず、市販のメンズ洗顔料によくあるチューブ状の洗顔フォームタイプのメンズ洗顔料はおススメできません。その理由は、洗顔フォームタイプの洗顔料には、皮脂を洗い流すことだけを目的としているものが多く、皮脂を洗い流すために人工的に合成された洗浄成分が入っているからなのです。

では、

「石鹸タイプの洗顔料だったらどれでもいいのか?」

というと、そうではないのです。先ほども書いたように、敏感肌だけを気にしすぎてしまうと、洗浄能力が弱くなってしまうため、男性の余分な皮脂や汚れを洗い流すことができないのです。

敏感肌に悩んでいた私実際に1~2ヶ月程使い続けてみて、敏感肌の方におススメできる洗顔料は↓の2つの洗顔料です!



敏感肌の方におススメの洗顔料:その1

どろあわわ

敏感肌におススメ洗顔料その1の画像

どろあわわが敏感肌の男性の方におススメの理由

どろあわわはチューブのような容器に入っているのですが、肌への刺激の少ない無添加の洗顔石鹸なのです。洗浄成分も人工的な合成物質を使用したものではなくて、天然の泥の成分が毛穴に詰まった皮脂や汚れを洗い流してくれるのです。

なので、敏感肌の方が使用しても人工的な洗浄成分を使用していないため、肌がヒリヒリしたり赤くなってしまうといったことが起きにくいのです。

また、よくある市販の洗顔石鹸よりも洗浄能力もあるため、男性の余分な皮脂や毛穴の汚れもちゃんと洗い流してくれるのです。もちろん洗い流すだけでなく、ちゃんと保湿も同時にしてくれるので、洗った後に肌が乾燥して突っ張るなんてこともありません。

敏感肌で、皮脂のテカリはそれほど気にならない。

という方にはどろあわわはおススメの洗顔料です。

▼満足度NO1のどろあわわ。その理由は…
ボタン



敏感肌の方におススメの洗顔料:その2

BUSO

敏感肌におススメ洗顔料その2の画像

BUSOが敏感肌の男性の方におススメの理由

BUSOも化学合成物質を一切使用していない非常に肌に刺激の少ない洗顔石鹸です。BUSOの特徴の一つとして保湿力の高さがあり、男性の加齢とともに進行してしまう、額や鼻のあたりのテカリと頬や口回りの乾燥が混在する、混合肌をその保湿力の高さでちゃんとケアしてくれるのです。

BUSOの保湿成分も人工的なものではなくて、天然のフルボ酸という成分が配合されており、毛穴の奥に詰まった皮脂や汚れを吸着させて、キレイにしてくれるのです。

BUSOは皮脂でテカってしまっている部分は余分な皮脂を洗い流してくれて、乾燥している部分には潤いを与えてくれます。それでいて刺激が少なくて敏感肌の方でも安心して使用することができる男性用の洗顔石鹸なのです。

敏感肌で、皮脂のテカリと乾燥が気になる。

という方にBUSOはおススメの洗顔料です!

▼BUSOが男性の肌にイイ理由はコチラ!
ボタン



■どっちの洗顔料を選べばいいのか?

敏感肌の方におススメできる洗顔料を2つ選んでみたのですが、

「どっちの洗顔料を選べばいいのか分からない・・・」

という方は、次の基準で選んでみてください。

敏感肌だけど、皮脂のテカリはそれほど気にならない方

⇒どろあわわ

敏感肌だし、皮脂のテカリも気になる方

⇒BUSO

この基準で洗顔料を選んでいただければ、「失敗した・・・」なんてことにはならないハズです。 どちらの洗顔料も本当にイイ洗顔料で、きっと使い心地に満足していただけると思います。

ちなみに管理人の私が敏感肌があまり気にならなくなったのは、この2つの洗顔料に出会えたおかげです!

洗顔料選び以外で敏感肌のためにできること。

敏感肌は洗顔料を選ぶことも大切なのですが、普段の生活を見直すことでも敏感肌を改善してゆくことはできるのです。

敏感肌に悩んでいる方の多くは、肌の再生サイクルが乱れている場合が多く、その原因として生活習慣や偏った食生活が原因となっている場合があります。

仕事をしていて生活習慣を見直すってなかなか大変ですよね?私も生活習慣が敏感肌の原因になっているのかも?ということは薄々気づいてはいたのですが、仕事中心の生活になっていたので、生活習慣を変えるということはできませんでした。

なので、食生活の方を見直して、肉ばっかり食べていた生活から、野菜を取り入れるようにしたりしました。あとは、肌サイクルを正常な状態に戻すのに良いとされている、亜鉛や鉄のサプリを飲んだり、野菜をあまり食べてないなと思った日には、野菜ジュースを飲むように、意識的にしたりしていました。

ちょっとしたことなのですが、このちょっとした事と正しい洗顔料を選ぶというだけで、敏感肌って次第に改善されたいったりするものなのです。

なので、時間がないからといって洗顔料だけではなく普段の生活にも気をつければ、きっと敏感肌も気にならなくなるハズです!

洗顔料だけでそんなに変わるの?

敏感肌だからこそ洗顔料選びは大切!

敏感肌だからといっても、毛穴には余分な皮脂や汚れが詰まっていたり、紫外線などで肌はダメージを受けているのです。

敏感肌だからといって余分な皮脂や汚れが肌に残ったままの状態だと、当然ニキビも出来てしまいますしニキビの状態も酷くなってしまいます。なので、敏感肌の方こそ洗顔料にはこだわるべきなのです。皮脂分泌の多い男性はなおのことです!

たしかに洗顔料選びを間違えてしまうと、肌がヒリヒリしてしまったり赤くなってしまったりする場合もあります。私も何度も洗顔料選びで失敗してきました。

けど、上記のどろあわわやBUSOを使ってみたことで、敏感肌でもニキビ対策に使える洗顔料があることがわかり、今でも愛用しています。敏感肌だからといって肌がキレイにならないということはナイのです。ぜひ一度試してみてください。

肌が変わるだけでも、いつもの毎日にグッと自信が出ます!



このページの先頭へ